韓国の紅葉シーズンは短くて貴重!?韓国人が選ぶ人気の紅葉名所は?

韓国の役立つ情報

日本と同じように四季を楽しめる韓国でも、毎年紅葉の時期を楽しみにしている人たちがたくさんいます。春のように秋でも韓国全国でお祭りムードになり、秋のイベントが各地で開催されます。

韓国は日本より少し北に位置しているため、紅葉の季節が日本より少し早く始まります。9月に入ると朝と日中の気温差が10度以上になる日が多くなり、いちょうの木にはすでに銀杏がなり葉っぱが黄色くなり始めています。

まさに紅葉狩りするなら10~11月と短め。寒くなる前に短い韓国の貴重な紅葉シーズンを満喫してみませんか。そこで韓国の今年の紅葉はいつが見ごろなのか、韓国の紅葉が美しい場所はどこなのか詳しく紹介します!


韓国の紅葉が始まるのはいつ?

韓国では9月に入りお盆であるチュソクが終わる頃になると、そろそろ紅葉の時期が始まります。チュソクころから気温はだんだんと低くなっていき、昼間と夜の気温差が大きくなると同時に、木々の葉が緑から黄色、そして赤へと変化しますね。では気になる今年の紅葉はいつなのでしょうか?

韓国の紅葉予想時期と紅葉ピーク予想時期

日本と同じように韓国でも毎年紅葉時期を予想しています。上の画像の一番上の「설악산雪岳山(ソラクサン)」を見ると、オレンジ色の日付が9月28日になっているので、今年は9月28日に初紅葉が予想されていますね。その後韓国全国の紅葉ピークを迎えるのが10月中旬から11月上旬あたりと予想されています。

韓国の南部にある全羅南道や済州島に行けば11月上旬あたりまで紅葉を楽しめるということですね。詳しい紅葉情報は、9月下旬から韓国気象庁の有名山紅葉現況より確認できます。

例年と比べるとどうか?

今年は去年に比べ中部地方は1~3日遅くなり、南部地方は2~4日遅くなっているとのことです。今年の9月から10月の気温が例年より少し高めだと予想されたため、それに伴い紅葉も例年より遅くなったということですね。

やはり地球温暖化の影響でしょうか、年々韓国の紅葉時期が遅くなってきているなと私も感じていました。それと同時に日本の紅葉も遅くなったなと思います。韓国で11月まで紅葉を楽しんだ後、12月に日本に帰国した際、東京ではまだ紅葉真っ盛りでしたから。日本と韓国を行き来すれば1年に2度紅葉の時期を満喫できてしまいますね。

紅葉の時期は年々遅くなっていますが、韓国では11月になると葉はほとんど落ちてしまい、もう冬の寒さが厳しくなってきます。ということは紅葉の時期だけが短くなり、冬は例年通りちゃんと寒くなるということなのです。そのためこの短い貴重な韓国の紅葉シーズンに韓国人はみなどこか旅行に行きたくなるんです。

では韓国で紅葉を見に行くとしたらどこなのでしょうか?

紅葉狩りをするならやっぱり山?

先ほどの紅葉予想時期の画像で表示されていたものは、韓国の有名な山を基準にして紅葉時期を示していました。韓国は国土の約70%が山であるため、紅葉と言ったら山と考える方が多く、登山好きの方も多いように感じられます。韓国ではレジャーというと本格的な登山服を着て、山周辺の観光地に行くというパターンが多いのではないかと思われます。

というわけで韓国では紅葉ももちろん山。登山も紅葉狩りもできる秋は特に登山する人たちが増えます。韓国で有名な山は下の図のようになってます。

紅葉で有名な山

では紅葉シーズンに人気の韓国の名山をランキングしてみました。

紅葉の山TOP101位 智異山(チリサン) 標高1,915m 慶尚南道、全羅南道
2位 雪岳山(ソラクサン) 標高1,708m 江原道
3位 伽耶山(カヤサン) 標高1,430m 慶尚南道、慶尚北道
4位 大屯山(デドゥンサン) 標高879m 忠清南道、全羅北道
5位 北漢山(プッカンサン) 標高837m ソウル、京畿道
6位 神仏山(シンブルサン) 標高1,159m 蔚山
7位 周王山(ジュワンサン) 標高721m 慶尚北道
8位 内蔵山(ネジャンサン) 標高763m 全羅北道、全羅南道
9位 俗離山(ソンニサン) 標高1,058m 忠清北道
10位 剛泉山(ガンチョンサン) 標高584m 全羅北道、全羅南道
 *参照:한국의 산하(韓国の山下)

標高は全て2,000m以下の山ですね。低いものだと584mの剛泉山。1位の智異山は秋だけでなく、1年を通して様々な景色を楽しめるため登山客が多く、韓国の3道5郡にまたがっておりその広大さと存在感は圧倒的です。

2位の雪岳山は、済州島にある漢拏山、1位の智異山に続いて韓国で3番目に標高が高い山です。ソウルから高速バスに乗ると約2時間半で行くことができるため、海外からの観光客にも人気の観光地です。ケーブルカーもあるので紅葉の時期は気軽に美しい景色を楽しむことができます。雪岳山への詳しい情報はこちらを見てみてくださいね。 

いつか美しい紅葉の山を直接登って見てみたいと思いますが、普段近所を歩く程度の私が、いきなり韓国の名山に挑むのは危険ですよね?とても紅葉狩りどころではないかもしれません。

登山初心者はケーブルカーで登れるところや低めの山から挑戦していくのがいいですね。また大都会のソウル市内にもあちこちに山があって、地下鉄で気軽に登山しに行くことができるんですよ。


都会で気楽に登山ソウル・トゥルレギル

ソウルは高層ビルが立ち並ぶ大都会でもありながら、市内には山が沢山ありいつでも登山に行くことができるため、高齢者の方も多くの人が趣味として登山を楽しんでいるんです。

また、韓国では会社の行事に登山があるところが少なくありません。それくらい登山は韓国では身近なものだと考えられています。

現在ソウルには「ソウル・トゥルレギル」という、ソウルの自然や歴史を学びながら山道や林道、村道などを中心に歩くコースがあります。大都会を横目に自然の中を歩くコースは、このトゥルレギルでしか味わえないかもしれません。コースは以下の8つがあり、全て地下鉄などの公共交通機関で行けてしまうってのも便利でいいですね。

8つのソウル・トゥルレギルコース

ソウル・トゥルレギルはソウル市の外側にある山をつなぐように道が作られています。ソウル市内にある山は外側だけでなく、ソウルタワーのある南山など中心部にも点在しているんですよ。

韓国全国には紅葉で有名な山が沢山ありますが、ソウル・トゥルレギルは低めの山に登ったり山道をリラックスしながら紅葉も楽しみたいという方におすすめです!ソウル市内の観光がてらにソウル・トゥルレギルを散策してみてはどうでしょうか。

山以外の紅葉名所はどこ?

もちろん山以外にも紅葉スポットがあります。韓国観光公社からは「紅葉にどっぷりハマる地図」というものが出ています。主に国立公園やススキ畑などで、韓国映画やドラマの撮影地に使われた場所もあるので行ってみる価値ありです。

山以外に国立公園やススキ畑がおすすめの紅葉スポット

一番気軽に行ける場所はやはり「ソウルの森」です。なぜならソウルのど真ん中に位置しているため、ソウルに訪れたらすぐに行ける都会のオアシスだからです!私がソウルに住んでいた時は1か月に1回は行っていました。子どもが遊べる広い公園があり、レンタルサイクリングができたり、広い野原でピクニックや運動をしたり、鹿にエサをあげたりなど楽しみ方は様々。私たち家族のお気に入りの場所です。

ソウルの森は紅葉も美しい!

周囲は高層ビルやマンションで囲まれているのに、ソウルの森に入るとまるで森林に来たかのようで、木々や草花に癒されます。上の写真を撮影したのは10月末で1番綺麗な時期でした。

見どころの多いソウルの森

ソウルの森の中心部にある広場に行くと、空が広がり高層ビルが見えソウルでしか味わえない景色を堪能できます。もちろん出前を頼んだら、ソウルの森内どこでも届けてくれます。週末はイベントもやっているので子連れにすごくおすすめの場所です。

またソウルのすぐ下、京畿道の果川(ガチョン)市にあるソウル大公園も紅葉が綺麗です。ソウル大公園は清渓山(チョンゲサン)という山のふもとにあり、登山コースもあるので1年中登山をしに来る人も多い場所です。

ソウル大公園のソウル動物園内

ソウルから車や地下鉄で20分ほどの場所なのに、すぐ後ろの清渓山で都会からすぐ近くにあるとは思えないほど自然が豊か。ソウル大公園も10月末に撮影した写真です。ソウル市内より少し紅葉が遅いかなと感じました。春の桜もきれいですが、秋の紅葉も十分に満喫できて美しいですよ。

漢江沿いにあるハヌル公園

上の写真はソウル市の麻浦(マポ)区にあるハヌル公園です。ここは韓国ドラマや映画の撮影地として有名です。「ハヌル」は「空」という意味。階段や坂を上って高台にある公園まで上って行くわけですが、小さな子連れにはしんどいです。そのため私たちは10人乗りくらいのカエル列車に乗ってサクッとハヌル公園まで上って行きました。もちろん有料でカエル列車のチケットを買わなければなりません。

カエル列車(맹꽁이열차)料金
大人(往復)3,000₩(約272円)  子ども(往復)2,000₩(約180円)
大人(片道)2,200₩(約200円)  子ども(片道)1,500₩(約136円)
*子どもは満3歳以上小学生以下、満3歳以下は無料

ハヌル公園は高台にススキ畑が広がっているので、空が広く見えて景色が綺麗です。またハヌル公園はソウルを流れる漢江(ハンガン)沿いにあるので、川沿いのデッキや展望台からは漢江と都会の景色を眺めることができます。映画やドラマのロケ地なだけあって、ロマンティックな雰囲気もありフォトゾーンも多数あるため紅葉シーズンは特に人気のスポットとなっています。

最近インスタ映えするとして話題なのが、ふんわりしたピンク色のススキ「ピンクミューリー」。私がハヌル公園を訪れた時はコスモスだった場所が今はピンクミューリーとなって、人気スポットに変わっていました。今年の秋はピンクミューリー畑もおすすめですよ!

まとめ

あなたの行ってみたい紅葉名所はありましたか?紅葉というと、山の木々を想像することが多いかもしれませんが、ススキやコスモスも秋の美しい景色の一つですよね。韓国は10月末には肌寒くなり、11月には1日屋外で過ごすのが辛いほど寒くなってしまいます。秋にお出かけや旅行をするなら最も過ごしやすい9,10月のうちに!

韓国では山に登頂した人たちが岩に座ってマッコリを飲んでいるイメージがありますが、1度やってみたいですね。また山頂で食べるカップラーメンは格別に美味しいらしいです。紅葉で美しく化粧した山々を眺めながらだったら格別でしょうね。韓国の短い秋を満喫するべく、紅葉スポットへ癒されに行ってみてはどうでしょうか。


コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました