釜山新世界スパランドのアクセス・割引・利用方法を徹底解説!実際の体験談紹介!

韓国の役立つ情報

実は韓国釜山には温泉があり銭湯も沢山あるんです。釜山の数ある銭湯やチムジルバンの中でも、地元の人や観光客に人気なのが「新世界スパランド」!

一体どんなチムジルバンなのか、アクセスや割引、利用方法を地元韓国人の口コミも交えて説明!そして実際に利用した感想や体験談も詳しく紹介します!

こちらの記事もおすすめ↓

韓国滞在を楽しむ超便利なサービス4つを紹介!
日本より便利な韓国のサービス4つとは?このサービスを韓国に来た時に活用すれば、韓国での滞在がもっと自由に楽しくなる!おかわり自由のパンチャン、出前のペダル、どこでも利用可能WiFi、日本より安いタクシーを詳しく紹介!

新世界スパランドはどこ?

韓国釜山の観光地の一つ、新世界センタムシティー。その一角にある新世界百貨店内に新世界スパランドがあります。韓国を代表する百貨店ブランドである新世界のチムジルバンなだけあり、ラグジュアリーで洗練されていて、施設が充実しているスパだと評判があります。

ではまず、新世界スパランドの詳細な位置と釜山の観光地からのアクセスを紹介します。

地図だとわかりにくいですが、釜山広域市にある金海空港とは反対側にある海雲台区のセンタムシティーという場所にあります。釜山の有名な観光地からの各アクセスは次のようになります。

  • 金海国際空港から
    リムジンバス約60分、タクシーで約40分
  • 釜山国際旅客ターミナル最寄りの駅から
    地下鉄1号線釜山駅/草梁(チョリャン)駅約1時間、タクシー約30分
  • 釜山最大の観光地チャガルチ市場や南浦洞(ナンポドン)から
    地下鉄1号線チャガルチ市場駅→地下鉄2号線西面(ソミョン)駅約40分
  • 釜山若者の街西面(ソミョン)から
    地下鉄2号線約30分、バス約40分、タクシー約25分
  • 海雲台海水浴場から
    地下鉄2号線海雲台駅から約7分、バス約20分、タクシー約10分

現地での乗り換え案内は以下のアプリ「コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索」を利用すると日本語でわかりやすくて便利ですよ。

コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索 - 韓国旅行に必須!ソウル・釜山など全都市の地下鉄に対応

コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索 – 韓国旅行に必須!ソウル・釜山など全都市の地下鉄に対応

KONEST INC.無料posted withアプリーチ

韓国語がわかるなら下の「カカオマップ」での乗換検索がより正確でおすすめです!

KakaoMap - Korea No.1 Map

KakaoMap – Korea No.1 Map

Daum Kakao Corp.無料posted withアプリーチ

センタムシティーは釜山の中心地から少し離れた場所に位置しているため、海雲台海水浴場方面と合わせてセンタムシティーを観光するのが、効率よく回れるのでおすすめです。新世界スパランドは「新世界百貨店」内に併設していますが、営業時間や入口は百貨店と異なるため以下に詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

バス・タクシーで行く場合

バスやタクシーでは「センタムシティー」や「新世界百貨店前」を目指します。到着すると下の画像のようにかなり大きな建物の新世界百貨店に圧倒されます!この新世界百貨店は世界最大規模のショッピングモールとして2009年にギネスに載ったことがあるんですよ。

オープン前の新世界百貨店の正面入り口

百貨店の正面を見ると、1番ゲートとある看板があるので、上の画像の位置から見て奥に進むと、以下の画像のように新世界スパランドの入り口「4番ゲート」が見えてきます。

4番ゲートの矢印方向に入口がある

この4番ゲートの矢印方向を見ると新世界スパランドの正面入り口があります。新世界百貨店の営業時間外はここからの入退場となるので注意してくださいね。私は百貨店の開店前(午前10時前)に訪れたせいか人通りが少なく、看板も見やすいので迷わず辿り着けました。

地下鉄から行く場合

では百貨店と直結している地下鉄から行く場合はどのように行くのでしょうか?まずセンタムシティー駅は釜山の地下鉄2号線の駅です。新世界百貨店は地下鉄と直結しています。

上の地図のように地下鉄出口が沢山ありますが、地上に出てから行く場合は「12番出口」を出て百貨店「4番ゲート」の新世界スパランドの入り口に向かいます。

下の図はスパランドのある新世界百貨店の1階のフロアマップです。地下だと広い店内に圧倒され迷ってしまうことがあるので、心配な時は12番出口から地上に出るとわかりやすいです。

1番簡単な行き方はこれ!

百貨店の営業時間内だったら、地下鉄から直結の百貨店入口からスパランドに行くことができます。地下鉄の改札を出ると左側に新世界百貨店の入り口があります。

地下鉄直結の入り口はここ

新世界スパランドの入口は地上1階で、地下鉄直結の入口は地下2階に位置しています。入るとすぐに上りエスカレーターがあるので上ります。地下1階は食品売り場とフードコートがあります。エスカレーターを上ったらフードコート方面に直進し、フロアの1番奥にあるフードコート前のエスカレーターを上ります

すると海外有名ブランド店が並ぶ1階のフロアに出ます。新世界スパランドの入り口は、「ディオール」と「プラダ」の間の細い通路の奥にあります。

百貨店からスパランドへの入り口

地下鉄から行く場合は、外に出ずに行くことができて便利ですが、店内が広く迷いやすいため、事前に目印をチェックしてから行くのがいいですね。迷ったらとにかく新世界百貨店1階のプラダとディオールの間を目指せば辿り着きます。

営業時間と料金について

新世界スパランドの営業時間は朝6:00~23:00(最終入場は22:00)です。韓国のチムジルバンというと、24時間営業の場所も多く宿泊する感覚で利用することもありますが、新世界スパランドは営業時間が決まっていて宿泊はできない施設となっています。

2020年2月現在の利用料金は以下です。

入場料金

平日休日/祝日備考
大人17,000₩(約1,550円)20,000₩(約1,820円)
学生13,000₩(約1,180円)16,000₩(約1,460円)小・中・高校生
早朝12,000₩(約1,100円)15,000₩(約1,370円)午前9時以前に入場
深夜12,000₩(約1,100円)15,000₩(約1,370円)午後8時以降に入場

※1回の入場料金で最大4時間まで利用でき、超過した場合は1時間3,000₩(約270円)の追加料金発生。ただし、入場料金を除き、館内で1人10,000₩(約900円)以上利用すると、最大6時間まで利用可能。

※小学生は同性の保護者と同伴でのみ入場可。

※小学生が利用する場合は確認書類を提示する必要がある。
(韓国の健康保険証or住民登録謄本、外国人の場合はパスポート)
*無人民員発給窓口(무인민원발급창구)がセンタムシティー駅内(コンビニGS25の斜め向かい側)にあり

未就学の子どもは入場できない施設なので、一般的なチムジルバンと比べ、高級感のある雰囲気と静かな館内といった印象です。そのせいか他のチムジルバンよりも値段は少し高めだなと感じますが、それでも行く価値のあるスパだと言われています。やはり着替えやお風呂は男女別々なので、小学生が入場する場合は同性の保護者が必要です。

またスパランドを利用できない場合があるので気を付けてくださいね。

  • 入れ墨、皮膚疾患、電熱性疾患がある場合
  • 深夜22時以降で保護者のいない満18歳未満の未成年
  • 過度な飲酒をした場合
  • スタッフに施設を利用するのに不適切だと判断された場合

韓国在住やリピーターで何度も利用したい場合は、「平日定期利用券(주중 정기이용권)」が断然お得ですよ!料金は下のようになっています。

10回券20回券30回券備考
平日利用券153,000₩(約14,000円)289,000₩(約26,400円)408,000₩(約37,200円)休日・祝日利用時3,000₩追加
1か月利用券300,000₩(約27,400円)登録者のみ利用可、早朝・深夜も利用可

※平日定期利用券の販売時間は新世界百貨店の営業時間内のみ。(平日 10:30~20:00 / 金,土,日,祝日 10:30~21:00)

注意しなければならないのが、百貨店には月に1度の定休日があること。百貨店が休みの日はスパランドも休館です。だいたい第2か第3月曜日が休館日ですが、スパランドを訪れる際は1度公式サイトのカレンダーで確認してみてください。「휴점(休店)」と赤い印のある日にちがお休みです。

割引で利用する方法!

一般のチムジルバンと比べて少々お高めな新世界スパランド。でも入場料金はオープン時から値上がりし続けているのも事実です。なのでやっぱり少しでもお得な料金で利用したいものです。韓国ではテーマパークなどの施設はほとんど何らかの割引が適応でき、定価料金で入場することはあまりないんです。

例えば、クレジットカードやチェックカードの特典、通信会社の特典、○○ポイントなど色々なサービスがあります。韓国在住であればお手持ちのいずれかの特典が適応され、割引になることが多いです。では具体的にどんな割引ができるのか調べてみました!

割引きになる方法

  • 新世界百貨店各種クレジットカード:カード1枚で4人まで10%オフ
  • 事前にネットで割引価格で買う:時期によって商品があったりなかったりするのでサイト要確認。購入したら確認バーコードなどの発行の関係で遅くとも訪問する1時間前に購入することをおすすめ
  • 金券(商品券)ショップ(상품권샵)で買う
    • 「メイルユトン(매일유통)」センタムシティー駅内
      平日券数量限定であり(現金払いのみ)
      休日祝日に利用する際は、平日券+3,000₩支払えば利用可能
    • 金券ショップ利用する際は身分証明証(パスポートや外国人登録証)を提示
  • エアプサン搭乗券提示で割引:20%オフ(2019.3.1~ 深夜・早朝は対象外)搭乗日から31日以内の利用で割引
    • 新世界免税店で進呈した海雲台観光地優待クーポンブックは2019年12月31日にて終了したため、現在JCBカードの特典はない
  • スマホアプリ「タッチング(터칭)」を利用:スタンプ10個集めたら1回平日無料券がもらえる

スマホアプリ「タッチング(터칭)」は、韓国のデジタル版スタンプカードのようなアプリ。新世界スパランドのスタンプカードは、初めて登録した時点でスタンプが5個押されます。通常定価料金での1回利用でスタンプ1個ですが、登録した時にスタンプ5個付くので5回利用したら1回無料券が貰えます。

터칭 – 스탬프/포인트 적립, 쿠폰, 결제까지 한번에!

터칭 – 스탬프/포인트 적립, 쿠폰, 결제까지 한번에!

TouchWorks Inc.無料posted withアプリーチ

JCBカードの特典が無くなってしまったため、観光客が割引きで利用するのは少し難しくなってしまいました。でもエアプサンの搭乗券はまだ適応できるとのことなので、エアプサンを利用したら搭乗券は捨てないで利用してくださいね。

また、地下鉄を利用してきら1度センタムシティー駅構内の8番出口方面に向かう途中にある金券ショップ「メイルユトン(매일유통)」を覗いて見てください。新世界スパランドのチケットが安い料金で販売されていることがあります。

상품권(商品券)と表示のある金券ショップ 引用元:몽디로그

どのくらい安くなるかはショップが仕入れた価格によって変動するとのこと。また販売していない場合もあるということです。そして金券ショップなので現金払いで交換返金は不可。地元の人は17,000₩のチケットが10,000~15,000₩の料金で買えたと言っていました。もし安くチケットが手に入ったらラッキーですね。

センタムシティー駅付近には金券ショップ(韓国語だと商品券ショップ)が沢山あります。駅の4番出口と直結しているビルの地下には3つほど金券ショップが入っています。レストランやレジャー施設などのチケットや商品券もあるので、もし興味があったら行って見てくださいね。

ここ数年で新世界スパランドの価格は上がり続けていて、割引率も下がっていることから、最近では最大で10%~20%の割引きになっているなと思われます。訪問する時はぜひこのような割引き方法があることを参考にしてみてください!

利用の流れと施設詳細

では早速スパランドの利用の流れから紹介していきます!

①受付で入場料支払い

入場料を払うとロッカー番号の紙とロッカーキーが渡される

スパランド入口の受付で入場料を払い、番号の書かれた紙とロッカーキーを受け取る

②入口で靴保管

入口右手は靴を保管する場所

受付横のエスカレーターを上り、靴を脱いで自分のロッカー番号と同じ番号の場所に靴を入れる。男女場所が分かれているので、表示をよく見て探す。靴箱の鍵も失くさないよう管理する。

③スパ内へ入場

ロッカーキーの先端を丸い部分にタッチして入場

改札のような機械に、ロッカーキーの先端を丸い光っている部分にタッチ。レバーを押してスパに入場。

④館内用の服をもらう

韓国のチムジルバンスタイルはタオルでヤンモリ(羊頭)

改札のような入り口を抜けると、すぐ右側のカウンターで館内着とタオル2枚を受け取る。サイズはスタッフが適当に合うものを渡してくれる。

⑤ロッカールームへ

スパ内のフロアマップ

ここからは男女別れて、ロッカールームに向かう。ロッカールームで自分の番号と同じロッカーを探し、館内着に着替える。貴重品は会計カウンター横にある貴重品ロッカーに預けることもできるが、場所が離れているのでほとんどの人は自分のロッカーに保管していた。

⑥チムジルバン&施設利用

待ち合わせ場所にはスマホの充電ができるロッカーがある

いよいよチムジルバンへ。先に温泉に入ってからサウナに行く人もいれば、チムジルバンでゆっくりと汗を流して温泉に入る人など、利用の仕方はそれぞれのよう。

自分のお気に入りの場所を見つけたり、併設のジムやスパで自分を磨いたり、チムジルバンで韓国文化に浸りながらのんびり過ごすなど過ごし方は色々。

⑦お会計後退場

会計は入口カウンターではなく、スパ内部のこのカウンターで

スパランドを満喫し着替えたら、上の画像のカウンターでロッカーキーを渡す。館内で使用した金額を精算し、右側の改札から退場する。入り口で保管した靴を忘れずに!

上の画像の左側にスーツケースが見えますが、機内持ち込みサイズの大きさの荷物なら、ここで無料で預かってくれます。それより大きな荷物の場合は、新世界百貨店のロッカーに無料で預けることができます。

  • 新世界百貨店内の荷物保管所(물품보관소)
    • 地下1階:感謝イベント場(사은행사장)エスカレーター横
    • 地下2階:1番エレベーターホール
  • 百貨店の営業時間内のみ利用可能
  • 貴重品は預けられない
  • 当日の営業終了まで預けられる、3日過ぎたら規定により廃棄処分

旅行やショッピングで荷物が多い時は、荷物預かりサービスを利用すると楽ですね。ただ、百貨店のロッカーは昼頃になると埋まってしまうことがあるので、もし利用するなら早めの時間帯に利用するのが良いでしょう。

どんな施設やサウナがあるのか

新世界スパランドは、スーパー銭湯より広くリゾート感があるので、どちらかというと「ラグジュアリーな健康ランド」といった印象です。ではスパランドには具体的に何があって、どんなことができるのか紹介します!

スパランド内はこうなっている(クリックして拡大できます)

まずスパランドは、1階、1.5階、2階という構造になっていて、1階と1.5階には銭湯やサウナ、2階は食事処や娯楽施設が入っています。

チムジルバンは1階と1.5階

チムジルバンメインの1階と1.5階には以下のようなサウナや施設があります。ここの温泉は地下1000mから引き上げた100%天然温泉(塩化ナトリウム、塩化カルシウム配合)を2種類使用しています。温度や種類の異なる18個のお風呂とテーマの異なる13個のサウナが楽しめます!

リゾートホテルのような雰囲気が素敵

私が訪問したのは真冬の2月の平日の午前でした。上の画像のようにこの時間帯は人が少なくかなり過ごしやすかったです。館内着は冬でも半そで半ズボン。寒いかなと思いましたが床がオンドルになっているので裸足で歩いていてもポカポカ。

お洒落なサウナが沢山!

サウナは韓国伝統のものから珍しい海外のものまで様々。具体的には以下のサウナがあります。

  1. フィンランドサウナ
  2. ローマンサウナ
  3. ウェーブドリームルーム
  4. ボディサウンドルーム
  5. SEVルーム
  6. ハマムルーム
  7. ローマンルーム
  8. ピラミッドルーム
  9. 黄土部屋
  10. 塩部屋
  11. 堅炭部屋
  12. プルガマ(火釜:高温サウナ)
  13. アイス部屋

9番から13番は韓国の独特なチムジルバンの部屋で1階にあります。1番から8番は海外式のサウナで1.5階に位置しています。高温の部屋にはスマホなど破損する危険のあるものは持ち込めないので注意してくださいね。

各サウナ部屋の入り口に室内温度と説明が表示されている

各部屋の名前は日本語表示があり、韓国語がわからなくても大丈夫。サウナの数が多いので、色々なサウナをそれぞれ入って回るだけでも楽しめます。中でも1番の人気は1階の屋外にある「露店足湯」ではないかと思います。

人気の露店足湯

冬で外は寒いため、足湯に行く手前にガウンが用意してありました。こういうサービスいいですね。真冬でも夜でも気兼ねなく足湯を楽しめます。椅子に座ってじっくり足湯に浸るのもいいですが、中央には温泉と冷水が交互に入っている歩く足湯もありました。私は知らずに水にいきなり入ってしまいビックリしてしまいました。

壁の方にはステージ風になっている空間があり、おそらくここで公演をしている時があるのだと思われます。訪問した日が天気が良く青空で、空気はひんやりとしていましたがとても気持ちが良かったです。

1階にはスナックカフェがあり、小腹がすいたら飲み物や韓国定番の燻製卵などがあります。支払いはロッカーキーで。

パッピンスやシッケ、お菓子も。

メニューには上の画像の通り日本語表示ありです。価格はスーパーよりも少し高いかなと感じるくらいです。私はここで、チムジルバンでよくあるあるの燻製卵3個2,500₩(約220円)を頂きました。

その他にも、1階にはネイルサロンがありチムジルバンに来たついでにネイルの管理もできますよ。また無料でヨガのレッスンが体験できる日があります。曜日や時間帯は時期によって変わるようなので、公式サイトで確認するか当日館内に案内が出ています。

上がチムジルホールでのヨガ、下がハマムルームでのホットヨガ 引用元:빛나는 예리

現在のところ、以下のスケジュールでジオンフィットネスの先生が無料でレッスンをしてくれます。

  • 1階チムジルホール 午前11時
    • 月曜日:ヨガ
    • 水曜日:小道具ピラティス
    • 金曜日:ピラティス
  • 1.5階ハマムルーム 午前11時
    • 火、木曜日:ホットヨガ

レッスンは30分ほどとのことなので、もしこの時間帯に訪問したら無料なので参加してみると旅のいい思い出になるかもしれません。1階でたっぷりとチムジルバンを満喫したら2階へと足を運びます。もちろん初めから2階へ直行してもよし。次は2階の施設を紹介します。

食事処と娯楽は2階

2階はエンターテイメントゾーンになっていて、食事やエステ、マッサージ、フィットネス、ゲームルームなどがあります。

2階にある施設

1番広い部屋には、馴染みのあるテレビの付いたソファーが。日本式リラックスルームを韓国で最初に取り入れたのだとか。その奥の部屋には真っ暗でもっと快適なソファーが並んだ仮眠室があります。

韓国初の日本式リラックスルーム

ここではピラティスやヨガができるフィットネスがあり、チムジルバンの利用と合わせて通っている方を何人か見かけました。

2階通路のマッサージチェア

2階にはエステサロンもあり、通路にはマッサージチェアも沢山あります。マッサージチェアは15分で3,000₩(約270円)です。フィットネスの奥にある違う種類のマッサージ器具は15分で4,000₩(約360円)。使い方はロッカーキーの先端を丸い部分に2回タッチするとマッサージがスタートします。

2階のカフェでシッケを注文

韓国伝統の飲み物「シッケ」はお米で作ったヘルシードリンク。シッケは4,000₩(約360円)でお米まで飲みほすと結構お腹が膨れます。ここではビールやエイドもあり、店内ではスマホの充電もできます。

リラックスルームにあるリラックスバー

また2階のカフェはリラックスルームにあるリラックスバーと裏で繋がっているため、テレビや雑誌を見ながら飲食したい場合はリラックスルームから同じメニューを注文できます。もちろんテイクアウトで持ち出すことも可能です。

レストランのメニュー(クリックして拡大できます)

食事をする場合はレストランへ。外を眺められる窓際の席があります。落ち着いた店内はどこか日本の旅館の雰囲気をも思わせました。レストランは1人1注文制です。私はここで食べようか迷いましたが、シッケと燻製卵でお腹いっぱいになってしまい断念。

カルビへジャンスープ 引用元:쏘쏘:여행시리즈

実際に私はレストランで食事しませんでしたが、上の画像のメニューを食べた方によると、周辺にある釜山の美味しい店よりも美味しいと絶賛でした。ただ、価格が普通のレストランより高めだという意見が多いです。でも味は美味しいとのことなので食事してみる価値ありだと思います。

  • レストラン 7:30~21:00
  • カフェ/リラックスバー 10:00~22:00
  • リラックスルーム 6:00~22:30
  • エステティック 9:00~22:00

スパ内にある施設は営業時間が決まっているので、早朝や深夜だと利用できない場合もるので注意してくださいね。

私はスパで4時間過ごした後、やっぱりお腹が空いたので新世界百貨店のフードコート(地下1階)で食事しました。このフードコート内の食事の価格はスパ内レストランと同じくらいですが、色んなジャンルの料理があり味も美味しいです。

実際利用してみた感想

釜山で地元の韓国人や観光客から人気のある「新世界スパランド」。実際に利用してみた正直な感想を紹介したいと思います。

良かった点

新世界百貨店にある新世界ブランドのチムジルバンということで、訪問する前から安心感と期待でワクワクしていました。やはり予想通り綺麗な館内、洗練されたデザインの室内に今までのチムジルバンのイメージとは全然違い、ホテルのようなレジャー施設に来たかのようでした。

  • ガラス張りの窓からは太陽の光が沢山入り、吹き抜けの館内が明るくお洒落でホテルのロビーのよう(逆に夏場は暑そう)
  • サウナの種類が多くレジャー感覚で楽しめる
  • 夜はデートスポットとしてもおすすめ
  • 自分に合ったサウナを見つけられる
  • 韓国で100%天然温泉に入れる
  • ちゃんと韓国文化のチムジルバンも味わえる
  • カフェや食事も一般のチムジルバンより格が上だと感じた

私は特に屋外の足湯が良かったです!パーティションで区切られた椅子や温度の違う歩く足湯など友人やカップルで楽しめるためです。

ある韓国人のブログには、足湯をしながら生演奏や公演を見たという人がいました。おそらく夜や週末ではないかと思われますが、足湯しながら夜景と公演を鑑賞できるなんてすごく気持ちよさそうですね。

サウナは好みによりますが、私は高温設定の韓国伝統サウナの方が合うようです。SEVルームは日本の銭湯にあるのと似ていて、木のベンチに腰掛けながら木の香り漂うサウナでした。面白かったのはピラミッドルーム。内部の天井はピラミッドの角度と同じで、横たわるとまるでミイラになった気分でした。

女湯の温泉には、温度の異なるお風呂がいくつもあり、自分に合っているお風呂を見つけることができました。水圧マッサージができるお風呂は、日本の温泉などにあるものより激しくボコボコしていて、私には痛くて短時間しか当たっていられませんでした。

銭湯内には「あかすり士」さんがあかすりをしてくれる部屋がありました。私は皮膚が弱いので試したことがありませんが、韓国といったらあかすりですよね。価格は背中12,000₩(約1,080円)、全身25,000₩(約2,250円)で一般のチムジルバンと変わりません。ぜひ試してみては?

私は平日の午前に利用しましたが、夜間には照明が美しく照らされロマンティックな雰囲気に変わるため、もし私が観光や旅行で利用するならば夜利用したいなと思いました。しかし、夜間はそれなりに混雑も予想されるので、人が少ない時間にリラックスしたいのであれば早朝から午前中をおすすめします。

残念だった点

韓国のチムジルバンの中でも格別だと定評のある新世界スパランド。でも私が実際に行ってみて残念だった部分もありました。その理由は次のようなことがあったからです。

  • リラックスルームのTVが壊れてる席が多数
  • マッサージチェアが使えないものが多い
  • 見た目は清潔だが、不具合があるものをすぐに直そうとしている様子がない
  • 女湯の露天風呂が点検中だった

機械の不具合はここ数か月の韓国人のブログを見ても同じ状況だったようで、一流ブランドと言われる新世界のチムジルバンでも、従業員の対応は一般のチムジルバンと大差ないなと感じてしまいました。おそらく次回に行っても改善されているのかどうかは期待できないでしょう。

点検中だった女湯の露天風呂 引用元:新世界スパランド公式サイト

1番残念だったのは、楽しみにしていた女湯にしかない露天風呂。私が訪問した日は点検中とのことで入れませんでした。しかしこの日だけではなく、1か月以上点検中であることが韓国人のブログで判明。今年中は露天風呂の内部事情により利用が難しいということがわかり、しばらくは利用できなさそうです。

韓国での口コミを見ると、平日でも夜の時間帯は列に並んで入場するほど混雑しているとのこと。そのため夜の時間帯は清掃が追い付いていないようです。私が行ったのは平日の午前だったので、更衣室やパウダールームの掃除はしっかりされていて清潔でした。むしろ、どこのゴミ箱も空っぽで捨てていいのか迷ったくらいでした。

また外国人観光客が多いのにも関わらず、案内や看板には韓国語しかないところ(○○点検中やガウンサービスのお知らせなど)があり、意味が分からないと不便だろうなと思う部分もありました。もしわからなかったら、気軽にスタッフに尋ねれば教えてくれると思います。

食べ物の持ち込みは禁止となっていましたが、よく来ていそうな人たちはマイボトルに自分の飲み物をしっかり入れて持ってきていましたね。

ロッカールームには浄水器があり、紙コップで水を無料で飲めます。サウナで喉がすごく乾きそうだという人は、空のマイボトルを持って行き浄水器の水をボトルに入れて、サウナに持って行っても良さそうですね。館内ではペットボトルの水も販売されています。

館内の注意書きにもありますが、温泉水は飲めません。また韓国の水道水も直接飲む人は少ないです。一応水道水も飲めるとされていますが、念のためミネラルウォーターや浄水器の水を飲むと安心です。

持ち物は何が必要?

気になる持ち物ですが、施設に置いてあったものと私が持って行ったものを紹介します。

施設にあったもの

  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • ボディータオル
  • ドライヤー
  • ヘアブラシ(消毒器の中に入っているので安心)
  • ティッシュ
  • 綿棒
  • ヘアエッセンス(ヘアオイル)
  • ボディーローション
  • 化粧水
  • 乳液
また女湯のロッカールーム内には自動販売機で有料で買える商品もありました。

施設内で買えるもの

  • 歯ブラシ&歯磨き粉セット
  • 化粧落とし
  • 洗顔フォーム
  • シャンプー&リンスセット
  • あかすりタオル
  • 生理用品

大抵のものは全て館内に置いてあり、それ以外の必要であろう物は有料で買えます。無料で使えないクレンジングオイルや洗顔フォーム、メイク用具などは持参した方がいいですね。

私が持参したもの

  • 化粧品
  • 替えの下着(念のため)

またチムジルバンを利用する時に、下着を着るか着ないかの疑問があると思います。基本好みによりますが、韓国人の旦那はチムジルバンで下着は来ないと言います。チムジルバンでは汗を沢山かくので、下着は着用せずに館内着のみです。

でも何だか慣れないという場合は、使い捨ての下着を着用したり、着替えを持って行くと安心だと思います。2階には下着を売っているショップもありましたよ。ほとんどのものは揃っていますし、忘れたら館内で買うこともできるので、手ぶらで行っても大丈夫なくらいです。

新世界スパランドのまとめ

以上釜山新世界スパランドのアクセス・割引・利用方法について、そして実際の体験談について紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 新世界スパランドのあるセンタムシティーは、釜山中心地から離れているため、海雲台観光と合わせて回ると効率的
  • 場所は地下鉄2号線センタムシティー駅直結の新世界百貨店の1階
  • 割引きチケットは、センタムシティー駅内の金券ショップで購入可
  • 韓国のサイトでチケット事前購入だと10%~20%の割引
  • 利用方法は日本のスーパー銭湯とだいたい同じ
  • 大抵のものは館内にあり、持ち物はメイク用品くらい
  • 露天風呂(足湯)がおすすめ

混雑を避けて静かにゆっくりと過ごしたい場合は、早朝から昼間の時間帯がベスト!さらに平日の早朝ならお客が少ないのでよりリッチな気分を満喫できるのではないでしょうか。夫婦やカップルでの利用だったら、ロマンティックな夜の方がおすすめです!日常とは違った体験もでき、より仲が深まること間違いなしです。

釜山観光で疲れを癒したくなったら、新世界スパランドにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

あなたにおすすめの記事↓

韓国釜山のキッザニア体験記!事前準備から攻略ポイントまで解説!
韓国の釜山の人気職業体験テーマパーク、キッザニアに実際に行ってみた体験記!事前準備と攻略法とは?キッザニア釜山を満喫するためのポイントを詳しく紹介!
在住者が教える!子連れ韓国旅行で困らない方法と楽しむポイント!
在住だからこそわかる韓国で困らない対策や食事のポイント、トイレ事情などを紹介!小さな子連れで韓国ソウル市内を移動する時のコツやソウルのおすすめの子連れスポット、子連れで食事をする時のポイントなども紹介。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました